デンタルフロスでキラキラ~歯の汚れサッパリ~

歯ブラシと歯医者

回数に注意

歯科の道具

歯磨きの頻度というと、朝と夜だけや、昼食時の終わりにも行うなど人によって様々だと思います。多い人では1日に5回以上、歯磨きをする人などもいます。デンタルフロスも人によってその頻度は様々だと思いますが、1日1回だけでも十分です。虫歯や口臭の原因となる歯垢が固まるまで約2日、掛かります。硬くなった歯垢は歯にこびりつき取りづらいものになります。そのため、デンタルフロスを1日に1回使うことで、歯垢がこうちゃくするまでに除去することが重要となってきます。歯磨きのように1日に何回もするのではなく、できれば3回までに抑えましょう。デンタルフロスを使い過ぎると、歯そのものを傷つけてしまうため痛みの原因となる可能性があります。デンタルフロスが歯の衛生面を高めるといって使う回数を増やせば増やすほど効果を発揮するわけではありません。そのためデンタルフロスの使い過ぎには注意が必要です。

デンタルフロスを使う前に歯磨きを行う人が多く存在します。諸説ありますが、デンタルフロスを行うからといって歯磨きをおろそかにすると歯垢の除去につながらないこともあるため注意が必要です。歯ブラシの前後は気にせず、デンタルフロスを1日1回使うだけでも効果はでます。そのため、デンタルフロスを毎日欠かさず使用することも重要でしょう。デンタルフロスは就寝前に使うと1日の歯垢除去を行えるため、できるだけ夜に行いましょう。1日1回しっかりケアを行うだけでも、虫歯になりにくい歯に変化させることができます。