デンタルフロスでキラキラ~歯の汚れサッパリ~

歯ブラシと歯医者

種類による違い

歯を磨く女性

普段、歯磨きで使う歯ブラシですが、その形状や長さなど様々です。繊維の柔らかさや硬さなどもあり人によって使うものは様々ですが、デンタルフロスにも種類があります。その人にあったデンタルフロスを使うことが最適ですが、初めてデンタルフロスを行う人はその種類の豊富さに悩まされる事もあります。初めての人は、取手のついたタイプのデンタルフロスを選ぶのも一つの方法でしょう。デンタルフロスは基本的に糸状の繊維で行うことが多いですが、取っての付いているタイプだと取手を上下に移動させる事で歯垢の除去などを行えることが多いため利用しやすいでしょう。最近だと取手がついており先の部分が360℃に動く製品も出てきました。隅々まで歯垢の除去をしたいという方は、このような製品を使用するとよいでしょう。

デンタルフロスには大きく分けて、ワックスを含んでいるタイプとワックスを含んでいないタイプがあります。ワックスが有るか無いかの違いですが、ワックスが有ると歯の間を滑るようになるので初心者に使われていることが多いです。ワックスがついていないタイプは歯の変化を直に感じられるという利点があり、虫歯が無いか気になる方には効果的です。ワックスを含んでいるタイプ、ワックスを含んでいないイプの両方に利点があるため、使い分けるのも一つの方法です。最近では香りを含んでいる製品などもありその種類は様々です。自分好みの製品を見つけデンタルフロスを使用してみるのもいいでしょう。