デンタルフロスでキラキラ~歯の汚れサッパリ~

歯ブラシと歯医者

歯間ブラシとの違い

歯医者の設備

デンタルフロスは、歯間ブラシとは異なる特徴を持っています。そのため、一概に「どちらがいい」とは言えないのです。基本的にデンタルフロスも歯間ブラシも、どちらも歯と歯の隙間専用の清掃用具として知られています。ただ、歯間ブラシは、歯と歯の隙間が狭くなっているところには使用できないことがあります。その点、デンタルフロスは隙間が広くても狭くても使用することができます。歯間ブラシを違和感なく使用することができれば、歯間ブラシを使っても問題ないと言えるでしょう。

歯周病で歯肉が下がってしまった時に、歯と歯の隙間が広くなることがあります。歯茎が下がってしまった場合は、歯間ブラシを使うようにしましょう。逆に歯と歯の隙間が狭くなってしまい歯間ブラシがうまく使えないという場合には、デンタルフロスを使うようにしましょう。どちらを使えばよいか分からなければ、普段通っている歯科医院を訪ねて聞いてみるのもいいでしょう。

デンタルフロスは、歯科医院で薦められることもありますが、通販やドラッグストアを通して気軽に購入することができます。メーカーや商品の種類で大きく値段が変わってきます。評判の高い商品は、やや他の商品に比べ値段が高い傾向にありますが、その分効果が高く、長持ちします。自身に合ったものが一番良いので、評判や値段だけでなく、形状や担当の歯科医院との相談のもと購入するとよいでしょう。デンタルフロスの中には歯医者でしか販売していないものがあるので、より質の良い商品を購入することが可能になります。